IRC TIRE BICYCLE TIRE SITE

2017年02月24日

TEAM EURASIA-IRC TIRE(チーム ユーラシア-IRCタイヤ)がシーズンイン!

posted by IRC TIRE BCJ staff at 10:00 | チームサポート情報
IRCタイヤがサポートするTEAM EURASIA-IRC TIRE(チーム ユーラシア-IRCタイヤ)が3月11日にシーズン初戦を迎えます。

チーム ユーラシア-IRCタイヤは、設立当時から一貫して「欧州でプロとして活躍できる選手の育成」と、その発掘を目標としています。国内外コンチネンタルチームに所属している選手を多く輩出しています。
今年のチームメンバーも10代から20代前半のとなっております。

以下オフィシャルサイトより
http://teameurasia.hatenablog.com/entry/2016/12/29/202003
清水 太己(東京 エリート2年目 1993生  チームユーラシア2年目)
鳴海 颯 (東京 U23 2年目 1997生 チームユーラシア2年目)、
大町 健斗(広島 U23 1年目 1998生 サイクリングアカデミー出身)
花田 聖誠(神奈川 U23 1年目 1998年生 サイクリングアカデミー出身)
吉岡 拓也(福井 U23 1年目 1998年生 サイクリングアカデミー出身)
瀧山 里玖(京都 U23 1年目 1998年生 サイクリングアカデミー出身)
鈴木 史竜(静岡 U23 1年目 1998年生 サイクリングアカデミー出身)
紀伊 勇人(京都 U23 1年目 1998年生)


以下橋川健監督からのメッセージです。

ここ数年 世界中でレースが行われるようになり、プロのレースでもアジアや南米、オーストラリアなどの温暖な地域で開幕レースが行われ、シーズン開幕が早まって来ています。
チームユーラシアの活動は従来通りに3月中旬に開幕レースを迎えます。

チームのスケジュールについて
チームユーラシアの開幕戦は3月11日にベルギーの西フランドル地方で行われる Meulbeke。このレースには清水 太己が参戦。残るU23メンバーは翌12日フランスのノルド地方で行われる Denain に参戦します。ベルギーのレースは「ケルメス」と呼ばれるローカルレースですが、ベルギーのコンチネンタルチームに所属する選手が多数参加する事もありレベルは非常に高いです。翌日のフランスのレースは「2.3.Jr」と呼ばれるカテゴリーで「プロを目指すジュニアの実力を計るにはちょうど良いレベル」です。シーズンを通し、ベルギーの「ケルメス」が最も多く参戦する事になりますが、U23 1〜2年目の選手たちには今後もフランスの「2.3.Jr」のレースに参戦させて、レースを動かす戦略などを学んで欲しいと思います。

3月は5レースに参戦し、4月には2つのステージレースを含む13レースにメンバーを入れ替えながら参戦を予定しています。5月末に帰国。日本の3Days熊野、日本選手権等のレースに参戦し、7月の後半戦へメンバーを入れ替えながら活動してまいります。

3〜4月のスケジュール
3月11日 Meulbeke ベルギー
3月12日 Denain フランス
3月15日 Templeuve ベルギー
3月19日 Ichtegem ベルギー
3月22日 Esplechin ベルギー
3月25日 Anzegem ベルギー
4月1日 Ottergem ベルギー
4月5日 Scheildeprijs ベルギー
4月7〜9日 Tour des 2Cups フランス
4月13〜17日 Arden Challenge ベルギー
4月22日 Wevelgem ベルギー
4月26日 Herne ベルギー
4月30日 Masnieres ベルギー

2017年02月23日

キナンサイクリングチームが【ツール・ド・フィリピン】で総合優勝!

posted by IRC TIRE BCJ staff at 13:44 | チームサポート情報
IRCタイヤがサポートするキナンサイクリングチームがUCI公認レース初戦となる【ツール・ド・フィリピン】でチームキャプテンのジャイ・クロフォード選手が総合優勝!
2月18日から4日間の熱い戦い、最終日の大逆転劇までをキナンサイクリングチームのオフィシャルブログで公開しています!

以下、オフィシャルブログ
第1ステージ:http://ameblo.jp/kinancyclingteam/page-5.html
第2ステージ:http://ameblo.jp/kinancyclingteam/page-4.html
第3ステージ:http://ameblo.jp/kinancyclingteam/page-2.html
第4ステージ:http://ameblo.jp/kinancyclingteam/page-1.html

2017年01月30日

車いすテニス 上地結衣選手全豪オープン優勝!

posted by IRC TIRE BCJ staff at 13:48 | チームサポート情報
IRCがサポートする、車いすテニスプレイヤー上地結衣選手が、テニスの全豪オープン車いすの部において
優勝しました。四大大会では、全仏、全米に続いて3つ目のタイトルを獲得しました。
今後も活躍が期待されます。応援よろしくお願いいたします。

2017年01月22日

NIPPO ビーニ・ファンティーニ、南米アルゼンチンで今季初戦を迎える

posted by IRC TIRE BCJ staff at 00:00 | チームサポート情報
IRCがサポートするNIPPO ヴィーニ・ファンティーニが1月23日より南米アルゼンチンで開催されるブエルタ・ア・サンフアンに参戦!

7日間のステージレースはスプリンター向きのコース設定。
23歳の若手スプリンターのニコラス・マリーニ(171p、74s)をリーダーに、窪木 一茂、ダミアーノ・クネゴ、ジュリアン・アレドンド、リカルド・スタッキオッティ、イヴァン・サンタロミータが今季初戦に臨みます。

レースレポートが届き次第お届けします。


以下、NIPPO ヴィーニ・ファンティーニからのプレスリリース
http://teamnippo.jp/2017/01/21/

ブエルタアンサファン.jpg
NIPPO・ヴィーニファンティーニの2017シーズン初戦となるブエルタ・ア・サンフアンが1月23日にアルゼンチンで開幕します。第35回目を迎えた7日間のステージレースですが、今年から国際レース(UCI1クラス)に昇格し、4つのワールドツアーチーム、6つのプロコンチネンタルチームが出場。多くのトップ選手が顔を揃えるため、世界中から大きな関心を集めるレースとなっています。

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、チームキャプテンのダミアーノ・クネゴがアルゼンチンのレースに初めて挑みます。また理学療法士やトレーナーとともにオフシーズンにじっくりと故障に向き合ったジュリアン・アレドンドが久しぶりにレース復帰します。また平坦ステージでは、ニコラス・マリーニのゴールスプリントに期待がかかり、そのために窪木一茂やリカルド・スタッキオッティが重要な役割を担います。


●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木 一茂(日本)
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ(イタリア)

窪木一茂のコメント
今のコンディションについては良いと思っています。精神的にも肉体的にも好調です。少し早い時期のロードレースシーズンインになりますが、ここ4年間は冬にトラックレースを走っていたので早い時期にレースを走ることに対しての心配はありません。

昨年11月のチームキャンプから初戦は1月末にあるとチームから告げられていたので、日本とイタリアで練習をしっかり積み重ねる事ができたと思っています。レースでの高い強度が入ることで日に日にコンディションも上がってくると思っています。昨年よりチームのみんなとの絆もより深まっているので、レースでの連携が楽しみです。

今年の初戦ですので、たくさんのことを収穫する大会にしたいです。応援よろしくお願いいたします。


マリオ・マンゾーニ監督のコメント
スプリンターのためのステージが5ステージ、厳しい山岳ステージが1ステージ、チームタイムトライアルが1ステージという構成になっており、総合争いではヴィンチェンツォ・ニバリ、スプリントでは、フェルナンド・ガリビアやエリア・ヴィヴィアーニなど世界のトップ選手がしのぎを削るだろう。しかし、自分たちも入念に準備をし、高いモチベーションをもって戦っていく。

そして、今回はクネゴとアレドンドが1つのチームとして戦う初めての機会。二人のコンビネーションがどのようなものになるか、とても興味深く思っている。しかし、今大会においてのチームリーダーはスプリンターのマリーニだと断言したい。彼は昨年11月の最終戦から、集中して準備をしてきて、仕上がりもとても良い。またチームタイムトライアルでは、窪木とスタッキオッティのパフォーマンスに期待したい。


●レース情報
35th Vuelta Ciclista a la Provincia de San Juan(ブエルタ・ア・サンフアン)
開催期間/2017年1月23日〜29日(全7ステージ)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.1 
開催国/アルゼンチン(日本との時差 マイナス12時間)


第1ステージ 1月23日 San Juan › San Juan (142.5km/平坦ステージ)
第2ステージ 1月24日 San Juan › San Juan (128.8km/平坦ステージ)
第3ステージ 1月25日 San Juan › San Juan (11.9km/個人タイムトライアル)
第4ステージ 1月26日 San Martín › San Martín (160.5km/平坦ステージ)
第5ステージ 1月27日 Chimbas › Alto Colorado (162.4km/山岳ステージ)
第6ステージ 1月28日 Pocito › Pocito (185.7km/平坦ステージ)
第7ステージ 1月29日 San Juan › San Juan (138.2km/平坦ステージ)

2017年01月19日

NIPPOビーニ-ファンティーニ、ミラノ〜サンレモ含めたワールドツアー3大会出場権獲得!

posted by IRC TIRE BCJ staff at 10:13 | チームサポート情報
IRCがサポートするNIPPO VINI-FANTINIがミラノ〜サンレモなどワールドツアー3大会への出場権獲得!
ジロ・デ・イタリアへの3年連続出場は惜しくも逃しましたが、大門監督からの力強いコメントも。

以下プレスリリースより(http://teamnippo.jp/2017/01/19/

** レース主催者RCSスポルトがワイルドカードを発表
伝統あるミラノ〜サンレモなど3大会への出場権獲得
------------------------------------------------------------
CAT0264.jpg
1月18日、イタリアのRCSスポルトが、同社の主催する各UCIワールドツアーレースへのワイルドカード(主催者招待チーム)を発表しました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、残念ながらジロ・デ・イタリアへの3年連続の出場は逃しましたが、3月に開催されるストラーデ・ビアンケ、ティレーノ〜アドリアティコ、そして伝統ある名門クラシックレース、ミラノ〜サンレモへの出場権を得ました。NIPPO・ヴィーニファンティーニにとって、ティレーノ〜アドリアティコとミラノ〜サンレモへは初めての出場となります。

●RCSスポルト主催UCIワールドツアー 出場権獲得レース
3月4日 ストラーデ・ビアンケ (http://teamnippo.us11.list-manage.com/track/click?u=2b907e6f96eeff35c182f957e&id=5cc23c931f&e=30416e3801)

3月8日〜14日 ティレーノ〜アドリアティコ (http://teamnippo.us11.list-manage.com/track/click?u=2b907e6f96eeff35c182f957e&id=6b02edf791&e=30416e3801)

3月18日 ミラノ〜サンレモ (http://teamnippo.us11.list-manage.com/track/click?u=2b907e6f96eeff35c182f957e&id=f0afcdbd6a&e=30416e3801)


●大門宏監督/マネージャーのコメント
チームのレーススケジュールを管理する立場としては、ジロ云々ということよりも彼ら(RCSスポルト)から招待されるレースがようやく確定し、ペンディング中だった3月のスケジュールが確定し、正直ホッとしている。

過去2年間のワイルドカードの配分を見ていると、ジロに選ばれなかったチームは春先のミラノ〜サンレモ、ティレノ〜アドリアティコの招待を得ていたので、そういった経緯からも今回の発表を心待ちにしていた。

今年は株式会社NIPPOがロードレースチームに日本鋪道時代から関わり続けて30周年を迎える。その節目にヨーロッパでも最も尊いと言えるイタリアの伝統あるミラノ〜サンレモに参加できるチームに初めて関われたことを大変光栄に思う。

ジロに関しては、イタリア登録の新しいチームを発足させた2015年から、幸いにも2年連続でジロへの招待を得てきたが、今年は100回記念大会。主催者にとってワイルドカード枠は、これまで以上に色々な要因も配慮した政治色の濃いセレクトになっても不思議ではないと予測していた。

また、今シーズン所属する日本人選手のレベルにとって、ジロでスタートを切ることが個々の成長に直結し得ないことは重々自覚していた。3年後の東京オリンピックを見据えたとしても、ジロを走る前に経験しなければならない相応しいレースプログラム、ステップは少し考えるだけでも山ほど思いつくからだ。

確かに我々のチームのイタリア人選手、関係者、日本のロードレースファンの方々にとってはある意味残念な結果かもしれないが、我々のようなコンセプトを抱えているプロコンチネンタルチームにとって、ジロに参加することは、前後の月(4月、6月)も、すべての選手、スタッフを巻き込み、チーム全体がジロの犠牲になってしまうことが自分としては懸念材料だった。

さらにジロの参加が決まると、どうしてもチームで最も神経を集中するビックイベントになってしまいジロが総力戦になる。過去2シーズン、ジロを経験し、日本人選手の成長を考えれば考えるほど、本当に簡単なプログラムではないと感じていた。

日本人選手の成長を願う意味でも今回の決定を、イタリア人選手、スタッフとともに少しでもポジティブに捉え、落ち着いてシーズンを通したレースプログラム、また我々に課せられているミッションと向き合いたい。

1月23日からシーズン初戦となるブエルタ・ア・サンフアン (http://teamnippo.us11.list-manage.com/track/click?u=2b907e6f96eeff35c182f957e&id=640515e1cd&e=30416e3801)
(UCIアメリカツアー2.1)がアルゼンチンで開幕します。引き続き、ご支援をよろしくお願いします。