IRC TIRE BICYCLE TIRE SITE

2017年02月21日

NIPPOヴィーニ・ファンティーニがUCIワールドツアー【アブダビツアー】に参戦!

posted by IRC TIRE BCJ staff at 18:53 | プレスリリース
IRCタイヤがサポートするNIPPO ヴィーニ・ファンティーニがUCIワールドツアー【アブダビツアー】に出場!
4日間、671kmの熱い戦いが幕をあけます!

窪木 一茂選手、小石 祐馬選手も参戦、ワールドツアーチームが多く出るこのレース。
タイヤにとっても厳しい戦いになりそうです。

以下、プレスリリースより

ツアー・オブ・オマーンに引き続き、NIPPO・ヴィーニファンティーニは中東、アラブ首長国連邦のアブダビを拠点に2月23日から26日まで、4日間の日程で開催されるアブダビツアーに出場します。アブダビツアーはUCIワールドツアーにカテゴライズされる世界トップクラスのレースで、16のUCIワールドツアーチームとNIPPO・ヴィーニファンティーニを含む4つのプロコンチネンタルチームが出場します。

4日間の総走行距離は671km、第3ステージが標高1025mまで駆け上がる山岳ステージとなっており、他の第1、第2、第4ステージは砂漠のなかを走り抜ける平坦ステージとなっており、集団ゴールスプリントの展開が予想されています。

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、ツアー・オブ・オマーン最終ステージで2位に入ったエドゥアルド・グロスと、体調不良から回復したマルコ・カノラをスプリントの軸とし、格上チームが相手となりますが、ゴールスプリントでの勝利を貪欲に狙っています。また山岳ステージでも、調子を上げるジュリアン・アレドンドが成績を狙って走ります。

日本人選手はツアー・オブ・オマーンからの連戦となる窪木一茂と、フレッシュな小石祐馬が出場。窪木は、現在非常に調子が良くツアー・オブ・オマーンではロングエスケープを決めるなど活躍しました。またこのあとに開催されるアジア選手権ロードレースにも日本代表として出場する予定で、ここでしっかりと調整することも大切な目標です。

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木 一茂
小石 祐馬
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジオーリ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ、ヴァレリオ・テバルディ

窪木一茂のコメント
ツアー・オブ・オマーンに続いて、アブダビツアーを走ります。連戦となりますが、3日間休めば疲労は抜けると思うので心配はしていません。このレースは平坦基調なので自分に合っていると思っています。また、かなりのハイペースが予想されるので、アウターギアを54に上げて走ることも試してみたいと思ってます。そして、チャンスがあればエスケープを狙いたいです。応援よろしくお願いします。

小石祐馬のコメント
2月2週目のトロフェオ・ライグリアからシーズンインして、今度は暖かい中東アブダビでのレースに出場します。ワールドツアーのレースなので、レベルは高くて厳しいレースになると思いますが、しっかりと自分の走りをアピールできるように頑張ります。

ステファノ・ジュリアーニ監督のコメント
オマーンからの連戦で、チームのコンディションは上がっているとはいえ、格上のチームとの戦いになるので、自分たちにとっては厳しいレースとなると予想している。グロスとカノラで区間優勝を狙い、アレドンドについては、第3ステージの最後まで脚を温存し、調子が上がっているので、どこまでいけるか挑戦していきたい。マランゴーニはレース中のチームのまとめ役を担う。オマーンから調子の良い窪木の走り、また小石のコンディションがどこまで上がっているかにも注目している。

(C) Abu Dhabi Tour

●レース情報
Abu Dhabi Tour(アブダビツアー)
開催期間/2017年2月23日(木曜日)〜26日(日曜日)
カテゴリー/UCIワールドツアー.2
開催国/アラブ首長国連邦(日本との時差 マイナス5時間)

2017年01月12日

シクロワイアードにシラクCXチューブレスクロスガードが掲載されました

posted by IRC TIRE BCJ staff at 12:53 | プレスリリース
自転車情報サイト”シクロワイアード”にシクロクロス用タイヤのシラクCXチューブレスクロスガードが掲載されました。
サイドカットやリム打ちによるパンクリスクを抑えるクロスガード。
スタンダードなシラクXC、マッド、サンドの3パターンそれぞれにノーマルとクロスガードの2仕様が加わり、コース、ライディングスタイル、その日の路面コンディション、組み合わせによ選択肢の幅が広がります!

シクロワイアードの記事はこちら↓
http://www.cyclowired.jp/news/node/220363

シラクCXの商品紹介ページはこちら↓
http://www.irc-tire.com/ja/bc/products/cyclocross/

2017年01月05日

Teamユーラシアのチームジャージ販売締切間近!

posted by IRC TIRE BCJ staff at 11:25 | プレスリリース
IRCがタイヤを供給している、Team Eurasia-IRC tire(チームユーラシア‐IRCタイヤ)が2017年のチームジャージを販売しております。

期限は明日1月6日までとなっております。
チームジャージを着て会場で応援しましょう!

デザイン
20161229201546.jpg

詳しくは下記のアドレスまで!
http://teameurasia.hatenablog.com/entry/2016/12/29/203558

AJOCC公式サイトにてシクロクロス用タイヤが掲載されました

posted by IRC TIRE BCJ staff at 11:00 | プレスリリース
シクロクロスAJOCC(一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会)公式ホームページにてIRCが誇るシクロクロス用チューブレスタイヤの記事が掲載されました。
サイドカットに強いクロスガードをラインナップに加えたことで何が変わるのか?レースシーンを見続けた当社スタッフのタイヤ語りをぜひご覧ください!
AJOCC公式サイト
http://www.cyclocross.jp/partners/2016/irc02.html

また、そもそもチューブレスタイヤって何がいいの?という方にはこちらの記事もオススメです!
AJOCC公式サイト
http://www.cyclocross.jp/partners/2016/irc01.html

2016年10月11日

【重要】Reynolds社製ロードチューブレスレディーホイール使用注意のお知らせ

posted by IRC TIRE BCJ staff at 18:27 | プレスリリース
このたび、Reynolds(レイノルズ)社で製造しましたロードチューブレスレディーホイールの使用に際し、注意が必要な機種がある事が分かりました。

誠にお手数ですが、以下に該当するホイールでの使用についてはIRC社製チューブレスタイヤのご使用は当面の間お控えいただきますようお願い致します。

皆々様に多大なご迷惑をおかけ致しますが、ユーザー様の安全のため、周知徹底のためのご協力をお願い致します。

対象機種等、詳細につきましてはお手数かけますが以下のご案内を参照ください。

getPDFicon.png「Reynolds社製ロードチューブレスレディー
ホイール使用注意のお知らせ」


使用注意のお知らせ.jpg